HOME

What's New(新着情報)

所有物件の入居者状況が芳しくないのであればリノベーションを

老後の資金形成のためにと投資用マンションを購入したのはいいものの、思ったように入居者が入ってくれないので購入した資金を回収する目処がつかないといった方も多いかもしれません。そのような場合には所有している投資用マンションにリノベーションを行い、入居者が魅力を感じてくれるような賃貸物件へと蘇らせてみてはいかがでしょうか。

現在の経済状況はあまりよくないですから、不動産を所有していてもあまりメリットはないかもしれません。しかしそれは何もせずに不動産を持っているのが原因であるためで、積極的に策を講ずることで利益へとつなげることができるのです。その策となりうるのが、リノベーションなのです。

実際にリノベーションを所有の物件へと行うには、もちろん費用がかかってしまいます。所有している物件が古ければ古いほど、リノベーションに必要な費用も増えていくでしょう。まずは物件のロケーションなどを考慮して、リノベーションすることでどれぐらいの入居者増加へつなげることが期待できるか試算してみるといいでしょう。そしてリノベーションの費用がそれを下回り利益へと転換できるようであれば、早いうちにリノベーションを行ったほうがいいかもしれません。

リノベーションを依頼する業者を選ぶにあたっては、しっかりと複数の業者について情報を集めて比較する必要があります。特に物件を魅力あるものへと作り替えてもらうには、業者のリノベーションに関する高い技術が求められるからです。

HOME